• ホーム
  • EDの人は動脈硬化を引き起こしている可能性が高い

EDの人は動脈硬化を引き起こしている可能性が高い

薬を持っている男性

ED(勃起障害)の治療のために病院に行ったところ、動脈硬化が発見されたという人もいます。
動脈はもともと弾力性と伸縮性に富んでいる血管ですが、加齢などの要因によって血管が弾力性を失うと動脈硬化が起こりやすくなります。

動脈硬化は文字通り、全身に血液を送り出す動脈が硬くなってしまった状態です。
血液が送れないということは、細胞に必要な酸素や栄養が供給出来ないということです。

勃起に必要な血液が送り込まれないとEDになります。
これが脳で起これば、脳梗塞になります。
脳梗塞は脳に酸素や栄養を渡す動脈が狭くなってしまったり、血栓(血の塊)が動脈を詰まらせてしまうことで起こります。
脳に酸素が供給されなくなると、数分で死に至ると言われています。

脳梗塞になってしまうと、たとえ命が助かったとしても半身不随などの後遺症が残る場合もあります。
EDになったら、血流障害が起こり始めている可能性が高いですから脳梗塞にも注意する必要があります。

血流障害を改善してEDを治療するのには、バイアグラという治療薬が使われます。
バイアグラは、勃起をおさめてしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害するパワーがあります。
通常、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管拡張物質が放出されて勃起が起こりますが、最後にはPDE5が働いてcGMPを壊してしまいます。
そうすると勃起がおさまります。
バイアグラはPDE5の働きを阻害することで、cGMPが働き続けられるようにして、正常な勃起をサポートしてくれます。
バイアグラはこのようなメカニズムで血管拡張させるので、精子に変性を与えたりする危険性はありません。

関連記事
医薬品のバイアグラを服用するときは体験談をチェック 2019年09月23日

40歳を過ぎた頃から精力の衰えを感じ始め、現在はアルギニンやマカなどの成分が入った精力剤を愛用しているという方もあるでしょう。しかし精力剤というのはサプリなので、体に優しく飲みやすいという点では魅力ですが、飲めば必ず勃起機能を改善させられるというわけではないので、人によっては効果がなかったり、次第に...

バイアグラのジェネリック品でも効果が得られるのか? 2019年09月18日

バイアグラのジェネリックとは、含有成分をバイアグラと同じとする後発医薬品です。内容成分に変わりがない以上、ほとんど同じ効果を得ることができます。飲み比べてみると、バイアグラのほうが効果が高いと感じる方も多いですが、目隠ししながら服用するとわからない方がほとんどです。内容成分が同じですから、効果に違い...

バイアグラの効果と副作用について 2019年09月15日

勃起は、陰茎海綿体に身体の血液が集まることによって陰茎が膨張する状態のことを言います。バイアグラのようなED治療薬はこうした勃起の作用を正常化させることによって勃起を促すことを目的としていますので、一般市場で販売されているような精力剤とは根本的に異なっていることを知っておかなくてはいけません。EDに...